読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングとの格闘

 

こんにちは!ヒロです!

 

ただいまプログラミングと格闘中です。高校生の頃、一度もプログラミングをしたことがなく、知識もゼロ。それなのになぜか情報系の学科に入ったため、毎回の実習がちんぷんかんでした。もちろんガチ勢も多く、あっという間に課題を終わらせ帰って行く人もいます。

これではまずい!と思い、学校から買わされたプログラミングの教科書を読みまくりまくった結果、少しではありますが何をしているのかがわかるようになりました。

printf,scanf,%d.......などなど意味が少しづつではありますがわかるようになってきています。教科書がなんとも優しく、丁寧に教えてくれるので助かります。

 

#includ <stdio.h>

 int main(void)

{

 

 return 0;

}

 

このおまじないも何も見ずにかけるようになりました。素晴らしき成長!

最近は『if文』を頑張ってます。if文の中にまたif文を入れたりとわけがわからなくなりそうですが、優しいお友達が教えてくれるおかげでなんとかやってます。もうここまで行ったらパソコン教室にでも通いたくなる勢いです。もしかしたら本当に通っちゃうかも!?真相やいかにですね。

 

そして1番楽と言われているうちの学科でもついにレポートが出ました。物理のレポートです。でもなぜか外積の証明。大好きな物理なのでノリノリと思いきや、内容がまさかの数学。大学の物理は微積だとはよく聞きますが、ここまで数学チックだとは思いませんでした。

もう1つの課題はプレゼンテーション。これは英語の課題です。自分の好きな映画を選びプレゼン。ただブラックリストもあり、自分の好きな映画は全てブラックリストにある....何か面白い映画を教えてください....

そんな感じで今週も始まりました。どうも今日はクラス会があるようで、お好み焼きを食べれるみたいです。次の日のことも考え一次会のみの参加になりそう。楽しんできますよ。

 

それではまた!

 

高校生の頃に知りたかった大学の現実

 

こんにちは!ヒロです!

 

今日は大学生になり2ヶ月が経とうとしている今感じたことを綴ります。

なんだかんだ言って、大学生は楽しいです。理系生でも楽しめているので、文系生だと休みが多い分、もっと楽しいかもしれません。いろんなサークルの新歓に行って、友達作って、その友達と一緒に買い物に行ったり、タコパしたり、授業サボったり。笑

授業を除けばすべてが楽しいです。

そして、大学でできた友達は今後の人生で重要になってくるはずです。高校まではただ普通に友達って感じの友達ですが、大学の友達はある程度目標が同じで、将来やりたいことも近いのでより話が合う。そして、良きライバルでもある。何か友達の枠ではくくれない重要な存在になってきます。

これからサークルの確定コンパ(そのサークルに入ると決めた人の歓迎会)がありますが、そこでも新しい友達が作れると思うので今からウキウキです。

最近は放課後やサークル後に友達の家に泊まってばかりで、まともに家に帰ってません。笑 もちろん今日もコンパの後は泊まりです。自分は家をあまり教えたくない人なので、このスタイルを貫いて行きたいですね。

 

さて、問題は授業です。

高校生の頃はあんなに憧れていた大学の授業。いざ受けてみると高校の時とあまり違いを感じません。以前の記事でも書いた通り、単位や卒業条件の関係で興味のないものまでやらなくてはいけません。運悪く、そういう授業に限って出席をとるんですよね。

高校生の時は大学に行くためと割り切って勉強できましたが、その目標だった大学までそうなるともうやる気が起きません。大切な時間がそういうものにとられるのがつらい。ほかにも勉強したいことがあるのに。自分の好きな勉強にたくさんの時間をとりたいです。

日本のこの様子だと制度が変わることはなさそうですよね。そして思いました。自分が動くしかない。自主休講(サボり)にしてしまえばいいんだ。笑 出席確認は友達に頼み、自分は図書館でやりたいことの勉強をする。これだ!

この天才的?笑 ともいえるプランを実行に移し、見事成功しています。大切な時間を無駄にしないための行動なんです。

誰かが動くのを待つのではなく、自分が行動する。日本の学生が苦手としていることらしいです。幸い、自分は大得意です。笑 あ、純日本人ですよ。

 

高校生の頃の自分に言いたいです、本当に大学に入る必要がある?と。

入ってみないとわからないものなので仕方ないですが、ぜひ高校生には知ってほしい事実ではあります。

 

LINEがなってるので、そろそろ会場に向かいます。

 

それでは!

 

 

大学の授業とは...??

 

こんにちは!ヒロです!

 

最近、大学の授業に疑問を持ち始めました。一言で言えばつまらない。

自分が将来やりたいことがある程度決まってるのに、それとは全く関係のない授業も取らなくてはいけない。一般教養だとか将来につながるかもしれないと言われると思います。確かに一般教養は重要だし、将来思いもしれないところで役に立つ知識になるかもしれません。ただ、一つ考えてみてください。1番やりたいことができずに、他の勉強もしなくてはいけないんです。

僕の考えとしては、一番やりたいことをトコトン追求しそのあとに必要だと思った知識を蓄えていけばいいと思うんです。それが結果的に一般教養と言われるものになると思います。

 

自分はIT系に進みたく、情報系の学科に属してます。もちろん在学している大学で一番パソコンをやるはずの学科です。それにもかかわらず、パソコンを使った授業が週に二回、多くても三回しかありません。もっとプログラミングなどを学びたい。自分でやりたくても他の科目の勉強もしなくてはならなく、少しの時間しかとれません。

 

一番許せないのは、ほとんどの大学生は英語を話せませんよね?それにも関わらず第二外国語を取らなくてはいけない。もう訳がわかりません。日本の教育はどうなっているのでしょうか。グローバル化と言われているこの時代、英語を話せなくては厳しくなってきます。それなのに第二外国語の授業が週に二回もあります。パソコンを使った授業と同じですね。第二外国語は全くの無駄とは言えませんが、今の自分には無駄です。英語をある程度マスターした上で、必要となった時に第二外国語をやればいいと思うんです。

 

やりたいことを我慢してまでも他のことをやらなくてはいけない。どうも納得がいきません。

 

皆さんはどう思いますか?

本は人生を変えちゃう

こんにちは!ヒロです。

 

受験が終わってから本にはまってるんです。きっかけは浪人中の予備校で尊敬していた先生が本を数万冊読んでいたことがきっかけです。その人の人柄に惚れ(男の先生です)、知識量に驚かされ、発想力に度肝を抜かれました。自分はメンタルが弱く、ネガティヴな人間だったので、ポジティブな人に憧れを持っていました。

『本を読むことで何か変わるのでは。』

そんな感じで本を読み始めました。

 

まず一番初めに読んだのが、

言ってはいけないー残酷すぎる真実ー』

この本は先生にオススメされた本です。テレビで言えないような内容が盛りだくさんの本です。特に日本は政府の操作による報道なんで、この本を読まないと残酷すぎる真実を知ることはできませんね。笑 読んだらわかると思いますが、さすがに他の国でもこの真実は報道することは難しいところです。笑 中にはショックを受ける人もいると思いますし、もしかしたら世の中がうまく回らなくなるかもしれません。そのくらい残酷な真実が盛りだくさんですよ。

特に印象に残ったのが、様々な遺伝率です。犯罪の遺伝率、学力の遺伝率などテレビであまり聞いたことがありませんよね。学力の遺伝の確率はなかなか高く、これが世間に知れ渡れば親がバカだからと言って勉強しなくなる人が世の中に溢れるでしょう。でも安心してください。自分はこれに当てはまりませんでした。父親は高卒、母親は専門学校なため、両親とも頭がいいとは言えません。自分で言うのも変ですが悪くない大学に在学しているので当てはまりませんね。高確率だからといって簡単に信じてはいけませんよ。親の時代だと勉強したくてもできなかった人も多いはず。自分の親が高卒だからといっても、環境が変われば東大に入っていたかもしれないのです。なのでこの本はあまり真に受けすぎず、ああそうなんだ程度で頭に入れておけばいいと思います。

 

初めての試み、本紹介でした。今後も印象に残った本をどんどん紹介していきたいと思います。

 

それではまた。

 

 

ゴールデンウィークを終えかけて

GW!!!

 

ってもう明日で終わりですよ。東京観光たくさんしてきました。色んな人に連れ回してもらいました。本当に楽しかった!

念願の鎌倉にも行けました。高校生の頃から夢見た鎌倉。鎌倉コロッケ、鎌倉ビール、鎌倉クレープ、あんみつ、美味しいものをたくさん食べれました。

 

そして観光。竹やぶ、お寺巡り、食べ歩き。最高の1日になりました。

鎌倉はいいところですね。月に一回行けるレベルです。雰囲気はなんとなく京都のような感じでした。自然が大好きな自分にとっては天国のような空間。写真ばかり撮っていました。そうなるとやっぱり一眼レフ欲しいですね。一眼レフを首にかけて写真を撮る一人旅をしたい。ただ、バイトをしていないので貯金が減る一方です。一眼レフは夢のまた夢。

 

話が変わりまして、GW 中に自分のやりたいことを色々と考えてみました。そこでまずはアフェリエイトをしてみようと思います。稼げるかどうかは別として、ネットビジネスの第一歩にしたいと思います。本だけ読んで結局何もしないのは避けるためにまずは行動。行動してから学ぶものの方が多いかなと思います。

そして次にしたいのがFX。なんとも日本人の9割が負けているらしいです。FXは尊敬する先輩が大勝ちをしていて、そのテクニックを与えてくれるとのこと。自分も勝てるようにたくさんのことを教わり、実行したいです。

 

明日のGW最終日も全力で楽しみます!

 

 

大学の授業とは・・・

こんにちは!ヒロです。

 

今日は大学の授業に少し噛みつきます 笑

 

まず思ったのが、高校とそんなに変わらない。

 

イメージしてたコンサート会場のような造りの構造ではなく、高校の時の教室を広げ、机をくっつけたもの。これは大学によってだと思いますが、自分の大学はこんな感じです。

 

そして授業。自分の好きなことだけを学べると思っていました。甘かった。授業をとるものがほとんど決まっていて、自分が選べるものは1つか2つ。まだ1年生ということもあって仕方ないとは思いますが。

 

授業自体もほとんど高校と変わらない。教授が話して、それを聞き、板書を写す。結構退屈です。あえて変わった点を言えば、授業中のおしゃべりがうるさい(笑)教授の声が聞こえない時もあるくらいです。

 

ただ、実習は楽しい。情報系の学科なのでパソコンを多く使います。パソコンについてはほとんど無知なので、授業は新たに知る情報ばかり。将来はIT系に就職したいと考えているため、そこにつながっていると1番実感できる授業です。そしてこの授業は早く終わった人から帰れるスタイル。2コマ連続の授業のため、3時間以上の時間があります。大体は1時間くらい残して帰れてます。でも結局友達が終わるのを待つ羽目に・・・(笑)定時帰りです。

 

期待を膨らませて大学に入学した分、絶望とまではいかないまでも少しガッカリする部分は大きいです。

 

そんな中で、やっぱり新しい人との出会いは最高ですね!

一緒に学食食べたり、オールカラオケしたり、新歓に行ったり、などなど本当に幸せな毎日です。自分は髪の毛がバカみたいに明るいので何千人といるキャンパス内でもすぐに声かけてもらえます(笑)そこで友達の友達と友達になったり(笑)できます。

 

また締まりのない記事になってしまいました。ブログを続けて文章力をつけていきます。

 

ゴールデンウィークも近いのであと2日間頑張りますか!

 

 

 

 

大丈夫かよ、学生。

こんにちは。ヒロです。

 

本日は噛みつきたいと思います。

 

と言っても噛みつきシリーズ第1章ってとこですね。

 

記念すべき 笑 第1章は・・・・・・日本の学生です。

 

これは高校生の頃から思っていたことですが、日本の学生は自分の意思がない。と言っても、自分も日本の学生です 笑

 

これは日本人の周りに合わせようとするいい面でもあり、悪い面でもある特徴です。

 

環境がそうであれば自分の意見を言うことはなかなかできませんよね。

 

学生の中で自分の意見を言う奴は嫌われがち。

 

例えば、将来起業したいと言った日には、無理、意識高っ、と言われ、周りから人が減っていきます。

 

幸いにも、自分の大学には起業を目指す人が何人かいるので周りから人が減っていくことはありませんが。ホッ😌

 

やっぱり将来をしっかり考えて、自分の意思で動いてる人とは話があう。そして面白い。

 

ただ、自分も昔は人見知りで、自分の意見を言うことなく、自分の意思も薄く、周りに流されて生きてきた人間です。

 

そんな自分を変えたのが、高校生の時のアメリカ留学。

 

1ヶ月という短い期間でしたが、人生がガラッと変わりました。

 

アメリカの学生は良くも悪くも、思ったことをしっかり言う。

 

授業中にわからないことがあったら、手を上げて質問する。

 

別に、アメリカの学生が良くて、日本の学生が悪いと言っているわけではありません。それぞれの国には文化がありますから。

 

ただ、アメリカの学生の方が毎日楽しそうに生活しているように見えました。

 

自分の意思、考えがあれば、自分で行動する。そして、勉強する。

 

アメリカの大学の制度がその空気を作っているのかもしれません。

 

入るのが簡単だが、出るのが難しい。

 

大学に入学してから相当勉強する。

 

日本は入るのが比較的難しく、出るのはそれほど難しくない。

 

履修でも何を学びたいかではなく、楽に単位を取れるものを選ぶ。

 

これでは差が広がるばかりです。

 

最後はその人がいつ気づくか。それにつきますね。

 

結果がどうであれ、その人が生きたい道を選ぶだけ。

 

そんなことを考えながら、今週も頑張りましょう。楽しみましょう!