読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本は人生を変えちゃう

こんにちは!ヒロです。

 

受験が終わってから本にはまってるんです。きっかけは浪人中の予備校で尊敬していた先生が本を数万冊読んでいたことがきっかけです。その人の人柄に惚れ(男の先生です)、知識量に驚かされ、発想力に度肝を抜かれました。自分はメンタルが弱く、ネガティヴな人間だったので、ポジティブな人に憧れを持っていました。

『本を読むことで何か変わるのでは。』

そんな感じで本を読み始めました。

 

まず一番初めに読んだのが、

言ってはいけないー残酷すぎる真実ー』

この本は先生にオススメされた本です。テレビで言えないような内容が盛りだくさんの本です。特に日本は政府の操作による報道なんで、この本を読まないと残酷すぎる真実を知ることはできませんね。笑 読んだらわかると思いますが、さすがに他の国でもこの真実は報道することは難しいところです。笑 中にはショックを受ける人もいると思いますし、もしかしたら世の中がうまく回らなくなるかもしれません。そのくらい残酷な真実が盛りだくさんですよ。

特に印象に残ったのが、様々な遺伝率です。犯罪の遺伝率、学力の遺伝率などテレビであまり聞いたことがありませんよね。学力の遺伝の確率はなかなか高く、これが世間に知れ渡れば親がバカだからと言って勉強しなくなる人が世の中に溢れるでしょう。でも安心してください。自分はこれに当てはまりませんでした。父親は高卒、母親は専門学校なため、両親とも頭がいいとは言えません。自分で言うのも変ですが悪くない大学に在学しているので当てはまりませんね。高確率だからといって簡単に信じてはいけませんよ。親の時代だと勉強したくてもできなかった人も多いはず。自分の親が高卒だからといっても、環境が変われば東大に入っていたかもしれないのです。なのでこの本はあまり真に受けすぎず、ああそうなんだ程度で頭に入れておけばいいと思います。

 

初めての試み、本紹介でした。今後も印象に残った本をどんどん紹介していきたいと思います。

 

それではまた。